泉竹のこだわり

私たちの理念・こだわり

こだわり1

世界に誇れる「和食文化」の伝統を継承して参ります

泉竹では、伝統的日本料理の代表である「精進料理」「会席料理」「茶懐石料理」という本格的な三種の形式の料理を、日本で唯一お召し上がりいただけます。

こだわり2

本物の精進料理をご提供するために

泉竹は各宗派の寺院様にご利用いただく本物の精進料理を提供するために、肉等を調理する時はすべての調理道具と器を別にしています。(料理道具や器等に洗いを繰り返しても残り香があるため)

こだわり3

日本文化はお出しの文化と考えています

泉竹のお出しは昆布出汁をきわめています。泉竹は幾種類の多くの昆布を使った昆布出汁で料理を作ります。色々な野菜やさまざまな魚等の食材の味や香りをお客様に感じて頂くには、どのような食材も合うもっともシンプルなお出しが良いと思っております。

こだわり4

料理は常に色々な状況で進化してきました

会席料理(懐石料理)のコース料理の中にお肉の料理を取り組んでいくことも現代の進化であります。しかし泉竹の会席料理は肉料理はありません。和食を世界遺産にできた先陣たちの知恵と技術を更に進化させて行きたいと考えています。

こだわり5

泉竹の茶室は離れの茶室です

ここに泉竹のおもてなしの原点「食の時間の提供」があります。離れの茶室をお客様が利用するのは不便です。でも不便だからこそ、お客様が人の触れ合いや季節の移り変わり、お客様が普段考えている物事の本質を再確認する時間を提供できると考えています。母屋も築65年を超えた旧家のお屋敷をできるだけもとのままを基本に改装して使用しています。とても不便です。また従業員も出来るだけ華美にならない目立たないサービスで、お客様が「食の時間」を楽しめるように心がけています。

日本文化の原点は、
人と人との良き結びつき…「縁」

その縁を大切にする心、おもてなしの心の手伝いをすることが、私たち料理屋の「つとめ」との思いで、いままでも冠婚葬祭をはじめ、様々なお席を整えてまいりました。そして、そんなお客様にとって大切なひとつひとつのお席が、心に残るひと時となるようにとお茶やお花、書など、また芝居や落語、お座敷芸などの様々な日本文化の「雅」の力もお借りしてきました。

これからも「和食文化」の伝統を継承しつつ、「日本文化」を知っていただくお手伝いをさせていただきながら、皆さまにとって最高のお席をご提供させていただきます。

  • 写真1

  • 写真2

  • 写真3

  • 写真4

  • 写真5

  • 写真6

  • 写真20

  • 写真21

  • 写真7

  • 写真8

  • 写真9

  • 写真10

  • 写真11

  • 写真12

  • 写真13

  • 写真14

  • 写真15

  • 写真16

  • 写真17

  • 写真18

  • 写真19

ご予約はお電話・webサイトから
承っております。

TEL:03-3700-4661 (午前11時〜午後8時まで)

Webご予約はこちら